ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ミルコのひかり / 探せばひかりは、きっとある

f:id:madamkakikaki:20201004191748j:plain


イタリア映画界で活躍するサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づく物語。

映画を愛する10歳の少年ミルコは、銃の暴発事故で両目の視力を失う。
1970年代のイタリアでは、視力に障害のある子供は普通校での教育は受けられないと法律で決められていたため、ミルコは親と離れ寄宿制の盲学校に転校することに。

慣れない寄宿生活に心を閉ざし気味のミルコだったが、たまたま手にしたテープレコーダーから聞こえる“音”に魅せられ、身の回りの様々な音を録音して楽しむようになる。

f:id:madamkakikaki:20200819162637j:plain



原題の『ROSSO COME IL CIELO』は「空のように赤い」という意味だそうです。
字幕では「夕焼けの空」となっていましたが、これはミルコが盲学校で初めて言葉を交わした全盲のフェリーチェに、色の話をしてあげる時の会話から取られています。


そしてこれをきっかけに二人は仲良しになるんだけど、このフェリーチェがナイスキャラでね、ちょっとぽっちゃり君で受け答えするときの表情とか仕草とかがまぁ可愛いこと。録音作業の助手もバッチリつとめますよ。

f:id:madamkakikaki:20200729001551j:plain

当時の盲学校は、視力に障害を持つ子供たちの職業訓練校と化していました。子供たちの進路は紡績工か電話交換手とほぼ決められていて、そのレールに乗ってさえいれば安全だというわけです。

才能とか可能性とかそんなものは盲人には無い、障害者が実社会で失望の辛さを味わうよりは初めから幻想など抱かないほうがいいのだと、自身も中途視覚障害者である校長は言います。
いま現代ならとんでもない主張ですが、この校長は意地悪で言ってるわけじゃありません。元は見えていただけに、視力を失ってからいろんな挫折や失望を味わってきたのでしょう。だから子供たちにはそんな思いをさせたくない、その気持ちはわかります。


でもね、やっぱりどんな障害があろうと子供たちから才能や可能性を奪ってはいけないと思うのですよ。「これしか出来ない」ではなく「何をやりたい?」「こんなことも出来るかも」と大人が選択肢を広げてあげなければ。

なので、ミルコの音に対する才能をいち早く見抜いたジュリオ神父の存在は本当にありがたかったですよね。この人がいたからこそ、ミルコ・メンカッチという天才が世に出ることができたんですから。


そしてこの映画、障害者は可哀想で守られるべき弱者という扱いではなく、子供たちが明るく生き生きと描かれているのがとてもいいです。てかミルコ、けっこうやりたい放題やるよね(笑)
いいじゃないか子供らしくて。自転車2ケツのシーンはおばちゃんハラハラしたぞ。


テープレコーダーで物語を作るために音の出るいろんな材料を集めたり、フェリーチェの声をスズメバチに見立てたり、厨房の鍋やお玉を打ち鳴らして騎士の戦いごっこをしてみたり、子供たちが本当に楽しそうに遊んでいる (と言うより真剣に作品づくりをしてるわけだが) 姿がなんとも微笑ましくてですね。

f:id:madamkakikaki:20200729004315j:plain


あと、こっそり寮を抜け出してみんなで映画館に行ったりね。
音声や音響、そして映画の内容を知っているミルコの解説で、全盲の子供たちがゲラゲラ笑って映画を楽しんでるんですよ。

見えなくても見てるの。てか頭の中で見えてるんですよきっと。
そう思って観ていたら、もう胸が詰まって目頭が熱くなりました。と同時に、映画における音の重要さにもあらためて気付かされましたね。

古い考えで凝り固まった校長から拒絶されたミルコの創作活動でしたが、校長に反発するジュリオ神父が手を差し伸べてくれたことにより成果を上げることができました。
あの発表会のシーンは、子を持つ親にはもうたまらんですね。
わたしも、娘たちが幼い頃お遊戯会や学芸会で親が思う以上の頑張りを見せてくれて感激したことなんかを思い出して、いつの間にか目が滝になっていましたよ。


f:id:madamkakikaki:20200729101510j:plain 音に集中するためお客さんには目隠しして聴いてもらいます


やっぱり子供たちが生き生きと描かれた映画はいいですね。
フェリーチェをはじめ盲学校の生徒役の大半は視力障害の子を起用したそうですが、自然でとてもいい演技をしていました。


この子たちは自分の映像を観ることはできないけれど、映画に出演したという経験が彼らの人生において一つの光になっていたらいいなあと思います。
もしかしたらミルコのようにクリエイティブな仕事を目指した子がいるかもしれない、なんて勝手に想像するなどしました。

障害があろうとなかろうと、未来ある子供たち全ての上に、常にそして平等に希望の光が降り注ぎますように。


冒頭でも書きましたが、ミルコ・メンカッチはイタリア映画界でサウンドデザインの第一人者であり、実は本作の音響も彼が担当しています。


子供たちが丘で鬼ごっこ、というオープニングと同じ場面がまたラストで現れて、そこからカメラがぐーっと上がりトスカーナの美しい自然が広がるエンディングは実に心地良い開放感。
そして、目を閉じて聴きたい穏やかな音がミルコの世界を奏でるエンドロール・・・。

たいへん素晴らしい映画に出会えました。これは万人におすすめしたい。ぜひ観てください。




作品情報
▶原題 ROSSO COME IL CIELO
▶監督 クリスティアーノ・ボルトーネ
▶脚本 クリスティアーノ・ボルトーネ
▶製作年 2005年
▶製作国 イタリア
▶出演  ルカ・カプリオッティ, シモーネ・グッリー