ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

観たけど記事にしてない映画のこと書きます ①


ハスラーズ / HUSTLERS

f:id:madamkakikaki:20200903093718j:plain

概要と短評 リーマンショックのあおりで生活苦になったストリッパーが、経済危機を引き起こした張本人でありながらなお裕福な暮らしをしているクライアントたちから数年にわたり大金を騙し取ったという実際の事件を映画化。
まぁ犯罪であることは間違いないんだけど、遊び方に節度のないスケベどもや札束振りさえすれば女は脱ぐと思ってるクズどもを見てると「いいぞもっとやれ!」と痛快な気分になるのも事実です。

それにしてもジェニファー・ロペスの美しさとかっこよさったらないですね。わたしと一歳しか違わないとか信じられん。世の中不公平だなあ。
とそれはともかく、女の仁義ものとして観るもよし、自業自得な男たちに一矢報いるスカット話と思うもよし、また“はたらくおねえさん” つまりストリッパーという職業にスポットを当てて観るのも面白いでしょう。楽しかったよ。

作品情報
▶原題 Hustlers
▶監督 ローリーン・スカファリア
▶脚本 ローリーン・スカファリア
▶製作年 2019年
▶製作国 アメリカ
▶出演 コンスタンス・ウー, ジェニファー・ロペス ほか




ハート・ロッカー / The Hurt Locker

f:id:madamkakikaki:20200903093730j:plain

概要と短評 戦場の爆弾処理という超危険な任務に命懸けでのぞむ兵士たちのお話。とっちゃん坊やみたいなジェレミー・レナーの破天荒な命知らずっぷりがさいこうです。
ハート・ロッカーとは「極限まで追い詰められた状態」という意味。また「棺桶」を表す兵隊スラングなのだそう。

帰還してもPTSDに苦しみ続けまともな日常生活ができなくなる者、その一方で戦争に慣れすぎたために普通の生活では充たされず再び自ら戦場に戻る者… どちらも悲惨ですよね。
でもこの世に戦争がある限り彼らは戦地に向かわねばならない。本作の主人公のようにアドレナリン爆上げで。
終始ハラハラドキドキで酸欠になりそうなシーンてんこ盛り、女性監督が撮ったとは思えない男臭さや容赦なきド迫力の爆発シーンも見どころです。

作品情報
▶原題 The Hurt Locker
▶監督 キャスリン・ビグロー
▶脚本 マーク・ボール
▶製作年 2008年
▶製作国 アメリカ
▶出演 ジェレミー・レナー, アンソニー・マッキー, ガイ・ピアースほか




ボーダー 二つの世界 / Gräns

f:id:madamkakikaki:20200904195638j:plain

概要と短評 人並み外れた嗅覚を活かして税関で働く女性が同じような能力を持つ男と出会ったことをきっかけに自分のルーツを知る、というお話。
人間の負の感情を匂いで嗅ぎ分けられるという設定、また特殊なビジュアルもさることながら まさかのトロル説というのが斬新でびっくりするんだけど、ファンタジーに抵抗感のない人なら興味をそそられる内容ではないかなと思います。

本作の主人公に限らず、何かしらの境界線上で自分のアイデンティティに迷い、生きづらさを感じている人がたくさんいる。でも最終的に自分の生き方を決めるのは自分。
世の中のいろんなボーダーはなくならないかもしれないけれど、「そこにいる私」そして「そこで生きていること」に自信を持ち、自分の生き方を貫きなさいというメッセージなのかなっと思います。ラストでの彼女、とても幸せそうでしたよね。

作品情報
▶原題 Gräns
▶監督 アリ・アッバシ
▶脚本 アリ・アッバシ, ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
▶製作年 2018年
▶製作国 スウェーデン
▶出演 エヴァ・メランデル, エーロ・ミロノフ




マローボーン家の掟 / Marrowbone

f:id:madamkakikaki:20200903095759j:plain

概要と短評 代々伝わる家の掟を守らないと幽霊が出るよ、という話かと思ってたら全く違ってびっくりです。
ちなみに主演は『1917 命をかけた伝令』のジョージ・マッケイ。弟・妹思いの優しいお兄ちゃんを好演しています。
割れた鏡や幽霊騒ぎ、天井に広がるシミなど不穏な要素がいかにもホラーちっくなんだけど、ある時点から観ていて何かおかしいぞと思い始めます。これホラーじゃなくてサスペンス?!

実は「掟」はマローボーン家の掟ではなくお兄ちゃんがある理由で自分自身に課した決め事なんですねえ。となると“邦題に偽りあり” ってことになるんですが、本作に限ってはそこはまぁ大目に見てもいいような気がします。
少しネタバレしますが、わたしが兄弟たちの中に違和感を感じ始めてから お兄ちゃんの人格乖離に気付くまで時間はかかりませんでした。ただその時点では背景がいまいちよくわからず、どこで誰がどうなって何をどうしたというのは終盤まで明かされません。
ホラーテイストを保ちつつかなり衝撃的なサスペンス。飽きさせずダレさせずギリギリまで恐怖心を引っぱっていて良い脚本だと思います。ラストは泣けました。

作品情報
▶原題 Marrowbone
▶監督 セルヒオ・G・サンチェス
▶脚本 セルヒオ・G・サンチェス
▶製作年 2017年
▶製作国 アメリカ, スペイン
▶出演 ジョージ・マッケイ, アニャ・テイラー=ジョイ ほか