ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

エクストリーム・ジョブ / ホシ(犯人)もチキンもアゲてなんぼ

f:id:madamkakikaki:20201004191709j:plain


実績不振で解散の危機にある麻薬捜査班を率いるコ班長は、ある日国際的な麻薬密輸組織の情報をつかむ。
組織のアジト前にあるフライドチキン店が廃業することを知った捜査班は、店を買い取り偽装営業をしながら24時間の張り込みを開始するも、思いのほか美味しいチキンがSNSで広まり店は大繁盛。

フル回転の営業で息つく暇もなく捜査が後回しになる状況の中、ついに組織のボスを逮捕する絶好のチャンスが訪れる。



「麻薬捜査のための偽装営業」という風変わりな設定に 頭カラッポで観られる緩いコメディかと思いきや、想定外の面白さとエキサイティングなアクションに圧倒されるすんごい作品でした。(語彙力)

もう冒頭からいろいろ面白いんですが、何せポンコツチームなもんだからろくに突入もできない。「もうちょっと映画みたいにかっこよくできねぇのかよ」なんて犯人にも呆れられる始末です。
それでもやってる事はかなり難度の高いスタントだし全力で走るし、極めつけはド派手なカー・クラッシュとかさいこうじゃないですか。

韓国映画のね、この 惜しげもなく大量の車をガシャるやつほんとすき。
こういう思い切りの良さが映画をより面白くしますよね。

f:id:madamkakikaki:20200731122357j:plain 最後の「コツン」がまた笑える


で、あまりのポンコツぶりにおかんむりの署長から「おまいら解散じゃボケェ!」と怒られる面々ですが、そんな折、麻薬組織のボスが韓国に現れるらしいという情報が入り、これは汚名返上のチャンスだと彼らは極秘捜査を開始するんですね。

それが「フライドチキン店の偽装営業」というわけです。

f:id:madamkakikaki:20200731105443j:plain えっココ閉まっちゃうの? じゃあ買い取る?



イ・ビョンホン監督(俳優のほうじゃないよ) 曰く「誰もが気楽に笑える伝統的な喜劇を目指した。」

つまりこの映画のいいところは、ストーリーもギャグも会話劇もわかりやすいから面白い という吉本新喜劇みたいな作りになっている点だと思います。
そして役者たちがみんなバカになってること。(ちょう褒めてますよ)
もちろん本人がバカなんじゃなく役柄の話ですけどね。

f:id:madamkakikaki:20200731124823j:plain


キャスティングを間違えばツッコミどころ満載のただのドタバタ劇になりそうなのに、多種多様なお笑いネタをぶち込みながらここまで見応えあるエンターテインメントに仕上がっているのは、やっぱりこの5人の秀でた演技力のおかげだと思うのですよ。

韓国の役者の演技力はすごく高いけれど、完全にバカになりきれる人はそう多くはない。女優さんならなおさらです。
なのでイ・ハニのチャン刑事とか素晴らしかったですね。のっけからこの人がモデル出身だってこと、すっかり忘れて観てました。

そしてなんと言ってもマ刑事(チン・ソンギュ)の圧倒的存在感ね。もうさ、この人立ってるだけでいいよってくらい顔面圧がすごいの。

f:id:madamkakikaki:20200731140622j:plain 絶対味覚の持ち主、マ刑事

この人はドラマ『六龍が飛ぶ』でキム・ミョンミンの同志を演じていましたね。

f:id:madamkakikaki:20200731141903j:plain このお姿がウソのようなバカっぷりに悶絶

一人ひとり紹介したい気持ちは山々ですが、とにかく愛すべきバカたちさいこうじゃないか!ってことで、まぁおもしろいから映画みてくんろ。


というわけで、なにかとヘマ続きの麻薬捜査班ですが、実は

それぞれが格闘の一芸に秀でた凄いキャラ揃いだった
という事実が終盤で明かされます。
このアクションシーンは実にエキサイティングですよ。

特に、コ班長が組織のボスとのタイマンシーンで見せる “ゾンビ班長”の異名に恥じない驚異の打たれ強さには、感動しすぎて笑いが出ます。

f:id:madamkakikaki:20200731150134j:plain

チームではへっぽこなのに一人ひとりになると俄然強いってのがなんとも可笑しい。
でもやっぱりこのメンツだからこその麻薬捜査班だよね。いやぁ君たちさいこうだよ!給料もっと上げてやってよ警察のえらいひと。



そういえば予告編の「イラッシャイマセッ!」つって手をパンパンするシーン、あれは日本人のツアー客が来たからなのね。
てか日本の店員あんなことしねーよ(笑)


でもマ刑事の揚げるチキンはほんとに美味しそうだったなあ。オレもあの店行きたいぞ。

韓国歴代興収NO.1 はダテじゃなかったですね。
とても面白かったし、また観たくなる楽しい作品でした。

作品情報
▶原題 극한직업
▶監督 イ・ビョンホン
▶脚本 ムン・チョンイル, ペ・セヨン
▶製作年 2019年
▶製作国 韓国
▶出演 リュ・スンリョン, イ・ハニ, チン・ソンギュ ほか