ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ウォーム・ボディーズ

f:id:madamkakikaki:20200822193522j:image

ウォーム・ボディーズ (2013) Warm Bodies


高い壁を隔てて人間とゾンビが対立している世界の終末期。廃空港に住んでいるR(ニコラス・ホルト)は自分の名前もどうやって死んじゃったかも覚えていません。だらだらと目的もなく日々を過ごしています。
お腹がすいたのでゾンビ仲間と食糧調達に出かけた先で、はからずも人間の女の子ジュリー(テリーサ・パーマー)に恋をしてしまい、食べずに連れて帰ります。だ、大丈夫なの?


死者の居住域にはゾンビのほかに、ゾンビの成れの果てであるガイコツがいて、こいつらがまた厄介です。そんな危険極まりない中でRはひたすらジュリーを守り、二人は次第に仲良くなっていきますよ。
あのバルコニーのシーンはちょうよかったですねえ。わあ、ロミオとジュリエットやん、と思ったら当たりでした。ああ、だからRなのか!



そういやRは最後まで名前を明かしませんでしたね。生前の彼についても全く触れられなかった。
これ、非常にいい脚本ですよ。Rがゾンビであることが前提なので人間だった頃は関係ない。全体を通してこの作品はそういう不要なものをとっぱらって「今」を描いているのがいいなあと思うわけです。
彼らにとって大切なのは「今」と「これから」なのであってね、それは映画の後半でしっかりと伝わってきます。

ニコラス・ホルトの美青年ゾンビ&童貞感が何ともたまらんですね。理性や知能が少し残っているせいで、自虐的になったり悩んだりドギマギしたりするのがとってもいじらしかった。
そうそう、ジェームズ・フランコの弟デイヴ・フランコも(食われたけど)出てますね。や、眼福眼福。ありがとう。

これはもう純粋にラブロマンス・ファンタジーであります。小難しい考察とか突っ込みなんてどうでもいい。素直な温かい気持ちで見守ってあげましょう。
とてもいい作品。昔懐かし洋楽ヒットチャート曲がばんばんかかるのもアラフィフにはたまりません。おすすめです。


 

ウォーム・ボディーズ [DVD]

ウォーム・ボディーズ [DVD]

  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: DVD