ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 / 凍てつく原野と地獄の歩兵連隊

f:id:madamkakikaki:20200822131901j:image

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 (2017年 フィンランド) TUNTEMATON SOTILAS / UNKNOWN SOLDIER


第二次世界大戦中、フィンランドと旧ソ連の間で1941年から1944年まで戦われた「継続戦争」を兵士たちの目線でリアルにかつ精巧に描いたド迫力満点の作品です。
本物の銃器や戦車を使用、雪深い森林原野に鳴り止まぬ爆音。フィンランド国防軍が全面協力しエキストラの数は延べ14,000人以上、また1テイクに使用した爆薬の量はギネス世界記録というから驚き。気合い入ってますよ。

この戦争はもともとソ連がフィンランドを侵略したことが発端なんですが、フィンランドが敗れたのちドイツがソ連へ侵攻したので「よっしゃリベンジや!」とばかりにソ連との戦争を再開したんですね。
で、この戦争に参加した熟練兵ロッカ(エーロ・アホ)を主人公に主要な登場人物があと3人おりまして、彼ら4人の兵士の背景や心情を軸にお話が進みます。


特別ドラマチックなストーリーがないぶん、原作者の実体験を綴った小説が元になっていることもあって非常にリアリティがあります。

かっこよさも何も無い、ひたすら敵を殺しまくるだけ。死ねば後続の味方に踏まれるだけです。まあそもそも戦場に英雄なんているわけがないとわたしは思ってますけどね。

明らかに戦況が悪くても「国のために死ね!突っ込め!」なんてお偉いさんが怒鳴り散らすのは戦時中の日本くらいなもんだと思っていたら、この映画でも同じことを言う上官がいて「ああやっぱり戦争は人をバカにするんだなあ」とつくづく思いました。

フィンランドと旧ソ連の戦争というので恐らく我々日本人にはピンと来ないし、結局愛国映画じゃないかと言う人もいるかもしれませんが、わたしはこういう戦争映画は大いに観る価値があると思っています。
戦闘シーンがリアルであればあるほど、残酷であればあるほどなおさらです。机の上だけで学ぶ知識より、また安全なところから反戦を声高に叫ぶよりはるかに戦争について考える良い材料になる。

ちょっと不良中年ぽくて戦争慣れしてるロッカさんが上官に楯突いたり「規律とかクソくらえ」って好き勝手やるのは兵士としてどうなのかとは思いましたけど、まあどこにでもああいう人は一人二人いるんでしょう。ちょっとキャラ強くしすぎた感はありますけどね。


そういえばサウナのシーンはびっくりしたなあ。まさかあそこで奥さんのポロリが見れるとは思わなんだ。てか前からカメラ撮ってるんだから脚ひらくんじゃないよ奥さん!
と、それはさておき大変見応えのある戦争映画でありました。歩兵連隊って本当に過酷だな。




アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 [DVD]

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: DVD