ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

麦の穂をゆらす風

f:id:madamkakikaki:20200822132426j:image

麦の穂をゆらす風 (2006) The Wind That Shakes the Barley


1920年代のアイルランド独立戦争と、その後の内戦を描いた社会派ドラマです。


本作と同じくキリアン・マーフィー主演の「プルートで朝食を」でもIRA(アイルランド共和国軍)の話が出てきたけれど、この映画を観ると 元々のIRAとはどういうものであったのかがよくわかるし非常に興味深かったので、アイルランドの歴史について本を読むなどして 少し勉強してみようかなと思います。

 

 ←こちらもオススメ

 


同じ志であったキリアン・マーフィーとその兄のポードリック・ディレー二が、英愛条約(和平条約)の締結がきっかけで袂を分かち、身内同士でさえ殺し合うような内戦に突き進んでいくというのが、何とも皮肉で哀しすぎます。


植民地支配から大国が去ったあとには必ず内戦が起こる 

というのは本当なのだなあ。
何でそういうことになるのか、理由は色々あるのでしょうが、やはり貧困が大きな問題なのではないかと思いますね。
劇中でも、和平条約を支持する穏健派と あくまでも英国からの完全な独立を求める革新派とが労働者の貧困問題について激しく口論し、もの分かれするシーンがありました。


冒頭から非常につらいシーンが多く、何度か止めて休憩しながら観るといった状況だったんですけれど、結果として観てよかった。いやもっと早く観るべきでした。
一切のエンターテインメント性を排除し、あまりにも酷でやるせない、観ているこちらも突き離されたようなラスト。

問題提起の描写には容赦ないケン・ローチ監督の本気度をひしひしと感じた作品です。