ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ゴールデン・リバー

f:id:madamkakikaki:20200822134209j:image

ゴールデン・リバー (2018年 アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン) The Sisters Brothers


フランス人監督が撮った異色のウェスタンならではの深い味わいが良き。


ストーリーに惚れ込んだジョン・C・ライリーが、自ら演じるという条件を付けて映画化の権利を買ったというこの映画。ゴールドラッシュに湧く1851年のアメリカ・オレゴン州が物語の舞台です。

イーライ(ジョン・C・ライリー)とチャーリー(ホアキン・フェニックス)は凄腕の殺し屋兄弟。まずこの二人の名字が “シスターズ“ というのが面白いですねえ。
で、いろいろあってこの二人と化学者のウォーム(リズ・アーメッド)、殺し屋側の連絡係モリス(ジェイク・ギレンホール) 、の四人が出会ってしまうわけですが、まあいつの時代も欲を出しすぎるとろくなことはないですね。それぞれが本来の目的から外れていらんことをしたために、取り返しのつかない大変なことになります。

だいたい、川の中に怪しげな薬剤をドバドバ撒くのが信じられないんだけども、当時の人から見ればすごく画期的な魔法の液体だったのでしょう。
いや足かぶれてますやん、魚も死んでますやん。猛毒やないかい、どんな化学式か知らんけど。ほらほら危ないからはよ上がれ・・・なんていうわたしの声がおじさんたちに届くはずもなく、あの人がまさかのドボン!!うわぁ最悪だ、オーマイガー!!(あとは推して知るべし)

というわけで、保安官がならず者を撃ちまくるような勧善懲悪の西部劇とは違いまして、砂金を探し当てることに魅せられたおじさんたちが人生を語り合ったり喧嘩したり仲良くなったりしながら最後はバカなことをして何しとんねん、なお話とでも言いますかね。
てか男のロマン?あほらしいっちゃあほらしいんですけど、そこはほら、この面子見てくださいよ。素晴らしい役者たちの何とも味わい深く滑稽で、それでいて繊細で心動かす名演技がたまらんです。

そういえば一つ気になったことがあるんですが、ウォームとモリスってLOVEじゃねえの、たぶん。あの二人見ていてちょっと心がくすぐったい感じしたんだよなあオレは♡

殺し屋と言いつつ子供みたいなところもあって可愛い兄弟のロードムービーでもあり、彼らに関わる一癖も二癖もある人々の人間模様でもあり、欲を出しすぎちゃいかんよという教訓でもあり。ユーモア・サスペンス・親しみやすさを兼ね備えた、非常に面白い作品だと思います。


 

 

ゴールデン・リバー [DVD]

ゴールデン・リバー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: DVD