ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

テルアビブ・オン・ファイア / お前も俺も中身は同じ

f:id:madamkakikaki:20200821213142j:image

テルアビブ・オン・ファイア (2018年 ルクセンブルク・仏・イスラエル・ベルギー合作) Tel Aviv on Fire / 監督:サメフ・ゾアビ

不穏な音楽が流れる中、男が女に語りかける。「イスラエルは戦争をする気だ、この将軍を探せ。任務が終わったら一緒になろう。」

何や何や、こいつらスパイか? おっ、カメラが引いたぞ・・・ ってこれセットかーい!(ズコーッ!) と思わず椅子からずり落ちたりずり落ちなかったりするイスラエル発の絶妙脱力系コメディ映画『テルアビブ・オン・ファイア』。なんで中東の映画ってこんなにおもしろいの。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

主人公サラーム(パレスチナ人)はテレビ局のお茶くみ兼雑用係。ただヘブライ語ができるということで脚本の直しとか役者の発音指導なんかもやっています。

自宅がエルサレムなので毎日2回検問所を通るんだけども、運悪くチェックに引っかかり 検問所のイスラエル軍司令官アッシに「テルアビブ・オン・ファイア」という連ドラの脚本家ですととっさに嘘をついてしまいます。
この連ドラこそオープニングに出てくるあれで、パレスチナの番組ではあるがイスラエルの奥様方にも大人気のメロドラマなんですね。

もちろんアッシの奥さんもどハマりしていて、旦那がそれの脚本家と知り合いなんて聞いた日にゃもう、右へ左への大騒ぎ。

 


アッシはサラームが検問所を通るたびに呼び止めて「あの台詞はおかしい」とか「イスラエルの軍人はあんな格好しない」とかいろいろ文句を言ってきます。

で、その指摘を自分の意見としてプロデューサーに伝えたら「イイネ!」となったもんだから、台本を勝手に変えられた脚本家が怒って辞めてしまい、サラームは意図せずして脚本家に昇格してしまいました。

 

f:id:madamkakikaki:20200731234707j:image  「書き直せ」「えーっ」

 

まぁなんてこと! 脚本なんて書いたこともなければ、5分と座っておられず履歴書すら書けない(元カノ談)男が脚本家て!

さあ困ったどうしよう。そうだ、あっしにはアッシがいる。彼にドラマの構想を頼っちゃおう。

というわけで イスラエル軍司令官がパレスチナのドラマの脚本作りにいっちょ噛みするという前代未聞の共同作業が始まるわけです。
いやそら無理だわ、どう考えても上手くいくはずないわ、と思うでしょ? 思ったひとはぜひ映画を観てくんなまし。ここから先は面白すぎるのでオレは貝になるよ。


サメフ・ゾアビ監督はイスラエルで育ったパレスチナ人。おそらく自身の経験も映画に投影されているのでしょうが、宗教や民族の対立を描きつつも痛烈な風刺や批判はしません。説教がましいメッセージもありません。

むしろイスラエル人もパレスチナ人も立場が違うだけで中身は大して変わんないじゃん ┐(´∀`)┌ヤレヤレ 、みたいな感じの抜け感が非常に心地よいコメディ映画だったと思います。おもしろいからもう一回DVD観よう。

サラームのぬぼ〜っとした表情と間合いのとり方が最高にいいです。
もちろんアッシの図々しいけど憎めないキャラもだいすきだけどね。ラストは爆笑必至!!