ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

リンカーン弁護士

f:id:madamkakikaki:20200822194452j:image

リンカーン弁護士 (2011年 アメリカ) THE LINCOLN LAWYER


LAのやり手弁護士が ”秘匿特権” の壁にぶち当たり悩みまくるお話。訴訟社会・弁護士社会とも言われるアメリカの厳しい一面がよくわかるリーガル・サスペンスです。

*********************

主人公ミック(マシュー・マコノヒー)は「NT GUILTY」といういかにもなナンバーの高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりにして、東奔西走の弁護活動をしております。彼の特技は司法取引を最大限に利用して軽い刑で収めること。

ある日、暴行容疑で拘留されている資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)の弁護というオイシイ話が舞い込みます。
いつものように司法取引でチャチャッと済ませて報酬がっぽり・・・ と思っていたら、ルイスは頑として無実を訴え司法取引を拒否してきます。
なんてことだ、これじゃ戦略が台無しだ。困るミックにルイスは過去のある事件についてびっくりするような告白をし、揺さぶりをかけてきます。これがまあ、えげつないんですわ。

「弁護士の役割は依頼人の利益を第一にすること」という大前提のもと、秘匿特権(守秘義務みたいなもの) がミックの前に立ちはだかり、どんどん具合が悪くなっていくわけですね。

映画はわりと軽めの出だしですが、中盤、事件のカラクリが見えてくるあたりからめちゃくちゃ面白くなってきます。具合悪くなるわ嵌められるわ大変なんですけれど、この人には法に対する思い入れと根性と弁護士としてのプライドがあります。ただのちょいワル弁護士じゃあございやせんぜ旦那。
というわけで、この先はぜひ映画で。思わず身を乗り出してしまうほどのハードな法廷劇と鳥肌モノの一発逆転劇にスッキリすること請け合いであります。

良質のサスペンスであり、人間ドラマでもあり、アメリカの司法制度もよくわかり、と非常によく出来た何度観ても面白い秀作ですね。
個人的には、ウィリアム・H・メーシーが超男くさくて良かったです。パグちゃん!!


 

リンカーン弁護士 [DVD]

リンカーン弁護士 [DVD]

  • 発売日: 2013/01/08
  • メディア: DVD