ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

スウィング・キッズ / ダンスはイデオロギーを凌駕する。Fuckin’ Ideology!

f:id:madamkakikaki:20200821213118j:image

スウィング・キッズ(2018年 韓国) 스윙키즈 / Swing Kids / 監督:カン・ヒョンチョル

 

朝鮮戦争時の巨済(コジェ)捕虜収容所。収容所の対外的なイメージアップを狙う所長は 元ブロードウェイダンサーのジャクソン士官に “捕虜たちによるダンスチーム結成” という任務を命じる。

ジャクソン士官は見込みのある4人と共にタップダンスチーム「スウィング・キッズ」を結成しクリスマスイベントでのデビュー公演を目指すが、国籍も言葉もイデオロギーもダンスの実力も異なる寄せ集めのチームなだけに、その道のりは前途多難をきわめるのであった…。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


このダンスチーム結成には「捕虜収容所=非人道的」というイメージを払拭する目的のほかに、いわゆる “アカ” に対し資本主義の素晴らしさをプレゼンするためのプロパガンダという目的がありました。

f:id:madamkakikaki:20200713115935j:image

選考の結果、収容所一番のトラブルメーカーで舞踊家のギス(D.O.)、無認可通訳士の韓国女性パンネ(パク・ヘス)、アカと間違われ収容所に入れられたビョンサム(オ・ジョンセ)、おデブの栄養失調シャオパン(キム・ミノ) をメンバーとし、元ダンサーであるジャクソン士官が指導をするわけですが、まぁこれがすったもんだあり過ぎて大変なんですね。

戦時下の捕虜収容所と言いつつこのへんはコメディ色を全面に出してあるのでたいへん面白いです。カット割りやカメラワークもいいですね。非常にテンポがいい。

5人のステップもオシャレでかっこよくて時に滑稽で、思わず踵でリズムを刻みたくなるほど楽しいダンスシーン。なにせジャクソン役のジャレッド・グライムスは本物の世界最高峰のタップダンサーですからね、見応えありますよ。

ギョンスもね、やっぱりこの人は何やらせても上手い。ほんと素晴らしい。

f:id:madamkakikaki:20200713013502j:image

ところがどっこい、本作は戦争映画でもあることを忘れてはなりません。前半の浮かれた気持ちから一気に現実に引き戻され、そうだ ここは収容所だ、アメリカ対朝中・資本主義対共産主義という憎悪の渦巻く戦場なのだということを突きつけられます。

この起承転結の「転」の作り方が非常に上手いですね。監督は誰かと思ったらあの『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョルではないですか。納得です。


それぞれの個性を生かした彼らのステージは本当に素晴らしかった。ダンスの前のジャクソン士官のスピーチも最高に良かった。

f:id:madamkakikaki:20200714042140j:image

「 Fuck Ideology!」

この言葉こそ、ちぐはぐだった5人の思いが一つになった何よりの証でありましょう。
それなのに、ああそれなのに。
あまりに衝撃的すぎるクライマックスに 思わず立ち上がってぼう然となり「オーマイガッ!!」と天を仰ぎ、エンドロールが終わるまでティッシュを何枚使ったかわかりません。

あのエンドロールはずるいよ監督!なんでこんないい映画作ったんだよさいこうだな! オレみんなに全力でおすすめするよ!!


『スウィング・キッズ』DVD予告