ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ブレイン・ゲーム

f:id:madamkakikaki:20200822165414j:image

ブレイン・ゲーム (2015年 アメリカ) Solace


暗い過去を背負ったアンソニー・ホプキンスのたたたずまいや悩み顔がかわいい。


最初に言っちゃいますが、これ、邦題どおりブレイン・ゲームだと思って観たら「はあ?」となるやつですね。


予知能力を持つ者同士の駆け引きではあるけれど、期待するほどエキサイティングでもないし予定調和的な展開だし、うおーっ!とびっくらたまげて椅子から落ちるようなストーリーでもないんですよ。
でもなんか最後まで観てしまうのはWhy?

その答えはタイトルにあります。

原題は『 Solace(慰め) 』。
犯人の眉毛がコリン・ファレルが殺人をする理由は、近いうちに重病化していく人々を予知能力で発見し、苦しむ前に“安楽死”させてやることでした。
で、それが良い悪いは置いといてですね、ここで『Solace』という言葉と予知能力設定が活きてくるわけです。これは非常に面白いと思いますよ。


犯人の予知能力がアンソニー・ホプキンスのそれを超えてきて、手のひらで転がされていると知ったアンソニーが「オラもうやめた!」とか言っちゃうのなんてどうでもいいんですよ。

FBIがやっとこさ犯人特定したと思ったらご親切に犯人のほうから接触してきて、あの捜査は、あの苦労は何だったんだあああ!とかもいいんですよ。

わたしゃジェフリー・ディーン・モーガンが途中退場したのが残念でたまらんのじゃ。はーもったいないぜ全く。

というわけで、日本ではまだまだ議論すること自体腰が引けるようなテーマではありますけれど、「他人を安楽死させる権利はあるか」という非常にデリケートな問題と予知能力を絡めた犯罪ドラマとして観れば、なかなか面白かったなあと思うわけです。

アンソニー・ホプキンス自身も(設定上) 過去に娘を白血病で亡くしていて、犯人の動機が判明したことでめちゃめちゃ憤るんですが、そりゃそうだわなーと思ってたら意外なラストが待っていたというのも良かったですねえ。

なあんだ、そんならいっそのこと眉毛の跡継いじゃえよ!(アカン)

べた褒めするような脚本でなくても、役者の演技力とたたずまいとテーマの見方によっては面白くなる、そんな作品でありました。
や、正直観て損はなかったと思いますよぼくはね!!



ブレイン・ゲーム[DVD]

ブレイン・ゲーム[DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: DVD