ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

天国でまた会おう

f:id:madamkakikaki:20200822124606j:image

天国でまた会おう (2017年 フランス) Au revoir la-haut/See You Up There


第一次大戦直後のパリ。父親に会いたくないため戦死を偽装した青年が国を相手に一大詐欺を企てる。
ピカレスク小説的な展開かと思いきや意外なところに着地するこの作品、魅力的な登場人物はもちろん、アート的な美しさ、喜怒哀楽とユーモアの加減がとてもいい。大好き。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

第一次大戦における西部戦線。上官の悪事に気付いたために殺されそうになったアルベールと、彼を助けようとしたために顔に重傷を負った青年兵エドゥアール。
戦争が終わり命からがら国に帰った二人でしたが、戦没者は称えられこそすれ、生き延びた帰還兵に対する国の態度は冷たいものでありました。

エドゥアールは顔の下半分を損傷したので自作のマスクをつけています。絵の才能があり芸術的センスに優れた彼の作るマスクは、前衛的だったりコミカルだったり不気味だったり、はたまた煌びやかだったりと実に多彩ですが、話すことができない彼にとって心情を表す唯一の手段がこのマスクと、目の動きだけなんですね。
そして彼の通訳として登場する少女、この子がまた賢くて可愛くて、主役二人に負けないくらいの存在感があります。


f:id:madamkakikaki:20200830031021j:image


彼ら歳の離れた三人が、戦争を起こした国家や権力者や、戦争を利用して儲けを企む富裕層への反逆の気持ちも込めて、世間を欺く大胆不敵な詐欺計画を実行するさまは実に痛快。
そこにエドゥアールと父親の物語やアルベールの新たな恋なんかが挟み込まれて、単なる社会風刺とは一線を画した人間味あふれる作品に仕上がっています。

本作の監督でもあり主演をつとめるアルベール・デュポンテルは、演技力の完璧さに加え 映画作りの才能に非常に長けた人であります。
ともすれば色んな要素がとっ散らかってしまいそうなこの映画ですが、それを全て集約してミニマムに帰結させ『天国でまた会おう』というタイトルにぴったりの作品に仕上げる手腕は素晴らしいですね。
『BPM ビート・パー・ミニット』のナウエル・ペレス・ビスカヤールを起用したのも狙い通り、目と身体の動きだけでエドゥアールの喜怒哀楽を見事に表現しました。

実はわたしも、ある事情でここ数年父親と絶縁状態にあります。エドゥアールのように何かきっかけがあれば事態は変わるのかもしれませんが、もしかしたらお互い何も見いだせないまま現世での別れを迎えるのかもしれんなあと今は思っています。
人間の行き着く先が天国であるなら、すでにそこで待っている母とそのうち行くであろう父とわたしの三人が揃うことがあるかもしれない。その時はきっと、何のわだかまりもなく穏やかな再会ができるはず。そう願ってわたしも言おう、「天国でまた会おう」と。


 

天国でまた会おう[DVD]

天国でまた会おう[DVD]

  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: DVD