ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

サウルの息子

f:id:madamkakikaki:20200822163148j:image

サウルの息子 (2015年 ハンガリー) Saul fia / Son of Saul

 


まるでアウシュビッツを疑似体験しているような、具合が悪くなるほどの演出とカメラワーク(超ほめてます)。


ゾンダーコマンド・・主に同胞であるユダヤ人たちの死体処理を行う労働部隊。ナチスによる大量虐殺の事実を知っている身分であるため、情報漏洩防止のためほとんどが3ヶ月以内にガス室に送られた。非道!!


本作は、ゾンダーコマンドのサウルさんが自分の息子らしき(?)遺体にユダヤ教式の埋葬をしてあげたくて、ナチスの厳しい監視の目を盗んで奔走するお話です。

ユダヤ教では火葬されると魂の復活がないとされているため、土葬がしきたり。ガス室送りのあと灰になるまで焼かれて捨てられるなどたまったもんじゃねえと(そんなセリフはありませんが)、息子の遺体をこっそり土葬しラビに祈りを捧げてもらいたいサウルさん。
で、このサウルさん、まあ気持ちはわかるんだけども、終始行き当たりばったりの自己中モード全開で動き回るので見ててちょっとイライラします。

とにかくこの映画、先述したように演出が斬新で非常に気持ち悪いです(ほめ言葉)。
狭いフレームサイズで、ほとんどが主人公のバストショットか後ろ姿に密着して動き回る。カメラのピントは一か所に集中していて周囲はピンぼけ。わたしみたいに3Dで酔いやすい人なんかはたぶん観ていて具合が悪くなると思います。

つまりどういうことかと言うと、観客はサウルさんの主観的な視点でその場にいるような感覚におちいるんですね。
見たくないもの(殺戮シーンや死体の山)ははっきりとは映らないけれど、想像して恐ろしいし気分が悪くなる。アウシュビッツを疑似体験しているよう、と書いたのはそういうことです。

 

ちなみに「サウルの息子」は本当にサウルさんの息子なのか、という疑問があるわけですけれど、たぶん違うでしょう。
てかそこは大して重要ではなくて、本作で言う「息子」とはユダヤ民族をあらわすメタファーなのだろうとわたしは思います。

ナチスによって根絶やしにされそうになったユダヤの血そしてユダヤ民族の未来を、サウルさんが息子だと思い込んだ少年を埋葬することでその復活に重ね合わせる。そんな思いで監督はこの映画を作ったのではないかなあ。ラスト間際でサウルさんが初めて笑顔を見せたとき、そう思いましたね。

これまでホロコースト関連の映画をいくつか観てきましたが、その中でも非常に斬新で、かつ重く胸に響く作品でありました。観てよかったです。



サウルの息子 [DVD]

サウルの息子 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2016/08/02
  • メディア: DVD