ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

パピヨン

f:id:madamkakikaki:20200822135710j:image

パピヨン (2017年 アメリカ・セルビア・マルタ・モンテネグロ) Papillon


フランスの作家アンリ・シャリエールの実体験に基づく壮絶な脱獄劇を描いた “脱獄映画の金字塔“ 「パピヨン」(1973年)のリメイク。
オリジナル版のスティーブ・マックイーンをチャーリー・ハナム、ダスティン・ホフマンをラミ・マレックが演じています。子供の頃オリジナルを観た(親に観せられた)ような気もしますがいまいち覚えていません。

当時のフランスに限らず昔の刑務所というのは罪状が軽かろうが重かろうが囚人の扱いは似たようなものだと思いますけれど、これが無実の罪でぶちこまれたとなるとそりゃあ脱獄もしたくなりますよね。
でもどうやって? 周囲は海、厳重な監視のもと見つかれば全員の目の前で見せしめのギロチン。ひゃー!!
それでもパピ(チャーリー・ハナム)はやるんですよね、何度失敗しても決してあきらめない。
途中2回独房に入れられて身も心も疲弊してしまうけれど、それでも希望を捨てることなく遂に9回目にして脱獄成功するわけです。しかしあんなしょぼい筏でようやったな。

利害関係の一致からつるんだドガ(ラミ・マレック)との友情にもほろりとさせられましたね。
変に楽天家でどんくさくて何かと足でまといになるドガを決して見捨てないパピ。独房にこっそり差し入れしてくれていたドガのことを絶対に口外しない義理堅いパピ。
そんなパピを思い、最後の挑戦で島に残ることを選んだドガ。あれは本当にいいシーンでしたね。いやー男の友情ってのは映画的にも絵になるし最高だな!!

パピが何度も脱獄を試みるシーンはヒヤヒヤもので息が詰まる思いがするし、独房で弱り果て萎びた姿は本当に痛々しい。
それでも脱獄への執念を静かに燃やしながらチャンスを待つというね、知的な部分を感じさせる抑えめの演技がまた良かったですね。
原作を読んでいないしオリジナルを覚えていないので細かい相違点などはわかりませんけれど、「自由を求め希望を捨てずに頑張った男たちの胸アツストーリー」としては見応えあるいい作品じゃないですかね。面白かったです。

 

 

パピヨン[DVD]

パピヨン[DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: DVD