ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

海洋天堂

f:id:madamkakikaki:20200822201413j:image

海洋天堂 (2010年 中国・香港) OCEAN HEAVEN


末期のがんで余命わずかな父親と、男手ひとつで育ててきた自閉症の息子。残された時間で父は息子に何をしてあげられるのか。
アクション俳優ジェット・リーが、ありのままの息子を愛する健気で真摯でひたむきな父親を熱演。厳しい現実問題を真正面から描きます。


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

映画の冒頭、お父ちゃんは自分と息子ターフーの足をロープで繋ぎ、重りをつけて入水心中をはかります。海が綺麗だなーと思って観ていたらいきなりドキッとするシーンです。

場面は変わり、心中に失敗した二人が家に帰ってきます。ああ、ほっとしたよ全くもう。
実はターフーは泳ぎがとても上手くて、逆にお父ちゃんが助けられたような恰好になったわけですね。
で、考えを改めたお父ちゃんは、自分亡き後も息子がこれまで通り生活できるように受入施設を探したり、物の買い方やバスの乗り方、簡単な料理の仕方なんかを教えていきます。


「もし今自分が死んだらこの子たちはちゃんと生きていけるかな」・・・

親はただでさえ子供の将来が心配なのに、このお父ちゃんのように親一人子一人で頼れる身内もいないというのは本当に心細いのではないかと思います。ましてや子に障害があればなおさらです。

 

f:id:madamkakikaki:20200802142338j:image

日本もそうですが、中国も決して福祉先進国ではありません。特にターフーのように自閉症で成人しているとなると、数少ない民間の施設に頼るしかなくお金も相応に必要となります。
「サポートする親などがいなくなった障害者はどのように生きていけばよいのか」という問題は、なにも中国に限らず多くの国にあてはまることでありましょう。

そんな厳しい現状を提示しながらも、この親子の周囲の人たちの描かれ方がとてもいいです。
お父ちゃんが働く水族館の上司、何かと世話を焼いてくれる雑貨屋の女性、民間施設のスタッフさんなど、嘘くさいほどいい人がたくさんおります。ひょんなことからターフーと仲良くなった大道芸の女性もそうです。

わたしなんかは心が荒んでますから「あんないい人ばっかりいるわけねぇよ」なんてつい思ってしまいますけれど、そういう世の中だからこそ、本作のように優しさのある映画が必要なんだろうなあと思います。

撮影は『オンディーヌ 海辺の恋人』のクリストファー・ドイル、音楽は久石譲というのも大きな魅力の一つですし、ジェット・リーが脚本を読んで大泣きするほど感銘し、ノーギャラでの出演を申し出たというエピソード も興味深いところです。


実際、お父ちゃんが死ぬシーンや葬式でみんながわんわん泣くようなシーンはありません。ターフーもいつも通りひょうひょうとルーチンをこなしています。
でもなんだろう、なんでだろう。オレの目汁が鼻汁が、ここ一番の大量生産でもうどうにもとまらない。おい母さん、ティッシュ箱ごと持ってきてくれないか。

ちなみに本作は文部科学省選定作品とのことですが、押しつけがましい道徳映画などでは決してありませんのでね、子供から大人まで、障害があろうとなかろうと万人におすすめできる作品だと思いますよ。
映像も美しいし、ラストシーンもこの上なく秀逸です。

「平凡にして偉大な全ての父と母に贈る」

 

海洋天堂 [DVD]

海洋天堂 [DVD]

  • 発売日: 2012/04/11
  • メディア: DVD