ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ライト/オフ

f:id:madamkakikaki:20200822194411j:image

ライト/オフ (2016) LIGHTS OUT

【 なんかね、暗闇にいるんですよ。】


約1億5000万回再生された短編動画をもとに制作されたというこの映画、元ネタの短編動画を作ったデヴィッド・F・サンドバーグが監督をつとめ、製作にはあのジェームズ・ワンが携わっております。
あとで元ネタ動画(3分程度です)を観てみたんですけど、映画よりはるかに現実味があって怖かったですねえ。おい、電気カチカチすな!!おそろしか!!

主役のレベッカを演じるのは「ウォーム・ボディーズ」でゾンビに一目惚れされちゃったテリーサ・パーマーですね。スタイルも良くてほんとお美しい。
レベッカには父親違いの幼い弟がおります。この弟が「寝るとき電気を消したら何か怖いのがおる」と怯え始めたので、レベッカが疎遠になっていた実家に戻ってくるところからが本題であります。実家には母親もいますが、鬱で精神状態が悪いのであてになりません。
実は冒頭で弟の父親が殺されるシーンがあるのですが、ここが一番怖いです。わたし的には元ネタ動画の次に怖いシーンです。もうここで掴みはOKでありますね。

暗闇で現れる「何か」の正体が、母親の鬱と深い関係にあるというお話には驚きましたね。それも子供の頃にまで遡るとは。
洗脳された母親の意識が生み出したものとか言ってましたけど、あれ明らかに悪霊だよね。お化けというより悪霊でしょう。お母さんちゃんとお薬飲もうよ、あんなことになる前にさあ。
そういやレベッカ姉ちゃんがケミカルライト持って奴に立ち向かうシーン、ライトセーバーみたいで良かったですね。ジェダイ!!

さて、奴は本当に消え去ったのか。全て終わったと思われたラストシーン、最後の最後に明かりが点滅したのおわかりでしょうか。もしかして・・・と思ったら未公開映像にその続きがありました。だよねー、悪霊だからそうくるよね。
でもね、あの未公開映像は余計だったとわたしは思います。あれですっきりしたと思う人もいるかもしれませんが、どこか不穏な空気を残したままの本編ラストのほうがわたしは好きです。いろいろ想像してじわじわ怖くなってきますのでね。
まあ二通りのエンディングを楽しめると思えばお得感もあるかな。いずれにしてもよく出来た面白い作品でした。

奴を見慣れてくると怖さは薄れてきますので、観たあと夜中真っ暗でもトイレ行けます。でも、もともと暗闇が怖くてたまらない人は観ないでね。電気消せなくなるからね・・・ふふふ。


 

ライト/オフ [Blu-ray]

ライト/オフ [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: Blu-ray