ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ある戦争

f:id:madamkakikaki:20200822132039j:image

ある戦争 (2015年 デンマーク) Krigen / A War


CGやセット撮影、回想シーンなどを一切排除しドキュメンタリータッチで撮られているので超リアルで緊迫感が半端ない。これぞ映画の原点。素晴らしい。


紛争が続くアフガニスタン。主人公は国連の平和維持軍に参加しているデンマーク陸軍の部隊長クラウス(ピルウ・アスベック)です。


平和維持活動(PKO)というのは、テロリストの殲滅を目的とする対テロ戦争ではなく、現地住民の保護という人道目的をもってなされますが、タリバンが襲撃してきたら当然交戦します。
場所によっては一般人が巻き込まれて銃撃戦の犠牲になることもあります。なので平和維持軍の兵士たちは非常に緊張を強いられますし、人道目的であるがゆえに決断が難しい過酷な戦場であるわけですね。

本作では、タリバンの猛攻な襲撃に対し空爆を行った結果子供を含む11人の民間人が死亡し、援軍に空爆を要請したクラウスが交戦規則違反で起訴されてしまいます。
空爆した地区にタリバンがいると目視で確認したか否かが争点となりますが、そもそもあんな激しい銃撃戦の最中で「ほら、あそこにいるぞ」と確認できるような状況であるのか。


現地住民の被害を最小限に抑える努力をしつつ適切な武力行使を行う。タリバンはその矛盾を上手いこと突いて現地住民の中に紛れながら平和維持軍を襲撃してくる。まさに「どうしたらええのん?」状態であります。

たぶんわたしがクラウスの立場でも、目の前にいる瀕死の部下を救おうとするでしょう。兵士だから死んだって構わないとは決して思わない。
おまえも人でなしだなと言われるかもしれませんけれど、あんな過酷な状況下で綺麗事は言えない。それだけ戦争というのは複雑で残酷で愚かな行為なわけです。


そういうわけで、判決の理由がはっきりと述べられなかった(フェードアウトした) のは、戦時下におけるグレーゾーンと言うか、倫理的には許されないが心情的にわからんでもない、というように良い悪いをスパッと二分できない難しさがあって、そのへんも含めて誰も断言できないし決めつけることもできない現実があるからかなあと思います。

クラウスや部下たちの人物描写もよくできていましたし、戦場の男たちだけでなく故郷に残された妻や子供たちの暮らしを同時進行で描いているのも良かったですねえ。
父親不在の不安とかそれこそワンオペ育児の大変さとかがよくわかるし、あの奥さんにめちゃめちゃ共感しながら観てました。目の離せない小さな次男が気になってドアを開けたままトイレしてるのとか「わかるわかる!」ってね。

凝った作りじゃないからこそリアルに胸に響く戦争映画。PKOについては我が国でも自衛隊派遣に関して論争がありますけれど、このような映画を観るとあらためていろんなことを考えさせられます。
「自国は守ってもらうけれど他国は守らない」これが我が国であります。わたしは決して戦争賛成派ではありませんし、たとえ国同士がケンカをしても戦争にまで発展してはならないと思っています。

 

ただ現実から目を逸らすことはできない。いつまでもよその国の話だとのんびり構えていられるわけではないんですよね。
もはや「水と安全はタダ」ではないのです。


 

ある戦争 [DVD]

ある戦争 [DVD]

  • 出版社/メーカー: トランスフォーマー
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: DVD