ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ジョジョ・ラビット / バイバイ、アドルフ

f:id:madamkakikaki:20200821213339j:image

ジョジョ・ラビット (2019年 アメリカ) Jojo Rabbit / 監督:タイカ・ワイティティ


僕はジョジョ、10歳。青少年集団ヒトラーユーゲントの訓練生だ。目標は立派な兵士になってナチス親衛隊に入ること。
ママにも秘密なんだけど、実は僕とアドルフ・ヒトラーは友達なんだ。アドルフはいつも僕の味方になって助けてくれる。この前訓練でどうしてもウサギを殺せなくて「ジョジョ・ラビット」って弱っちいあだ名をつけられて凹んじゃったときも、アドルフは「ウサギは本当は強くて偉い動物だ」と言って僕を元気づけてくれたんだよ。

でも最近、そんな僕たちの友情を揺るがすようなたいへんな出来事が起きたんだ。それは何かって? うーん教えたいけどここから先は映画をみてねとしか言えないな。たぶんこのあとべるこおばさんが何か話すんじゃないかと思うよ。
ということであとは任せたよ、べるこおばさん!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

えー、マイクテス、マイクテス。ただいまご紹介に預かりましたべるこでございます。相変わらずの茶番でまことにあいすいません。
以下 手短に映画のお話をさせていただきます。


ま、要するに子供の精神的な成長を描いたお話ですよね。
子供ながらにナチスに傾倒しドイツ人こそ最強で優秀だと信じて疑わないジョジョが、周囲で起きていることを自分の目で見て自分で調べて、自分で考えることによって真実が何かを悟っていく。


それは歴史だったり戦争だったりユダヤ人についてのことだったり また両親のことだったり人を愛することだったり・・・。

f:id:madamkakikaki:20200714004213j:image

 

ここでまた自分の話をして恐縮ですが、わたしは一人っ子で父親は企業戦士、母親は病気がちで入院してばかりと、夜遅くまで一人で家にいることが多い子供時代でした。
なのでジョジョのように空想で好きなキャラクターを作ってひとり遊び、ってのはしょっちゅうで、アラフィフになってもなお衰えないわたしの変態並みの妄想力は、もしかしたらあの頃に培われた才能なのではないかと自負しております(自負するな)。



まぁそれはともかく、遅かれ早かれ子供は自立しなければなりません。親の庇護下にあっても、自分で物事を考えることをしなければ精神的な成長も自立もありませんよね。そしてそのためには適切な助言をしてくれる大人も必要です。


これまでのジョジョにはアドルフしかいませんでした。そこに偶然にも(いや必然だったかも) 登場した人物たちのおかげで、ジョジョは少しずつ成長していくわけです。

f:id:madamkakikaki:20200714004248j:image

 

映画のラスト、ナチスと戦争ごっこが大好きなあどけない少年の顔はもうありません。そこにいたのは 小さいながらもどこか大人びた、“人の愛” を知ったイケメンでした。

てかそこでイケメンとか書く? ほかにいい表現なかったのかオレの語彙力。もっと国語勉強しよう。


というわけで、辛口ユーモアを効かせつつ 非常にハートフルで わたしの笑いのツボにはまりまくった『ジョジョ・ラビット』は、キャスティングも素晴らしいです。


アドルフもいいけど、やっぱりなんと言ってもキャラクター大賞は キャプテン・K (サム・ロックウェル) ではないでしょうか。もう登場シーンから笑ったよね。

「ま、どっちみちドイツは負けるんだけどな!」とか言ってさいこう。そのくせあんな男前っぷりを見せやがってかっこよすぎだろこんちくしょう。けっこんしてくれ!!

f:id:madamkakikaki:20200714004649j:image

 

「いろいろ大変だけどみんな希望もって頑張って生きようぜ!! 」

そんなタイカ・ワイティティ監督の力強いメッセージを感じたりもする、めちゃくちゃ不謹慎なのにめちゃくちゃ正しい素敵な映画 でした。また観よう。