ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

Girl ガール / なりたい私になるために

f:id:madamkakikaki:20200822120503j:image

 Girl / ガール (2018年 ベルギー) 


バレリーナになりたい。そして女の子になりたい。
ホルモン療法を受けながら、なおかつバレエ学校での厳しい鍛錬を我が身に課しながら、15歳という若さで二重の試練に挑むトランスジェンダーの少女ララの物語。実在の人物がモデルだそうです。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

数々の映画賞を受賞した感動作とされながらも 主役をシスジェンダー(産まれた時の性別と自分の認識している性が一致している人) が演じたとか衝撃的な描写がどうのとかで賛否両論を巻き起こした『ガール』でありますが、そこはひとまず置いとくとして 主役ララを演じたヴィクトール・ポルスターについてです。

この人は本物のバレリーナで、バレエ学校の男子生徒役のオーディションを受けに来たところ監督の目にとまり主役に抜擢されたとのこと。
中性的というよりほぼ女の子のような顔立ちで、派手さのない奥ゆかしい可愛らしさがありますね。でもバレエを踊るときの真剣な表情には眼力があり、心の奥底に秘めた強い闘志をうかがわせます。

新人だから淡々と演じているというよりも まるでドキュメンタリーのように自然でやりすぎ感のない演技ができていることに驚かされますね。今後の活躍にも期待したい俳優さんです。

で、このララちゃんは15歳という第二次性徴期にありますので、ホルモン剤を多く使うことができません。一向に膨らまない胸とは裏腹に筋骨がたくましくなってきたり 男子としての身体の変化が進んでいくのがとても辛い。
それは当然バレエの動きにも響いてくるわけで、人一倍努力し練習しているのに思うように身体がついてこない悔しさは 見ていて察するに余りあるほどです。

f:id:madamkakikaki:20200911085047j:image

 

また クラスの女子たちみたいに堂々と着替えたりシャワーを浴びたりしたくても恥ずかしくて出来ないとか、女同士なら見せたっていいじゃん見せなさいよチンコどうなってんのよと好奇の目ありありでからかわれる、そんな精神的な辛さも積み重なっていきます。

こういうのは当事者にとっては非常にストレスになるし悲しいことですよ。もしわたしがクラスメイトだったら一緒につるぺた同盟作って仲良くなって クソビッチどもに往復ビンタ食らわして張り倒すところですけどね。
あの「仲良くしてやるから言うこと聞けや」みたいな態度が一番すかん。


ゲイやトランスジェンダーといった「性」を映画で扱うこと、またそれを観て感想を述べること、どちらも非常に難しいなあとわたしは常々思っているんですが、一つ間違いなく言えるのは「その映画だけをもって彼らまた彼女たちを画一的にとらえてはならない」ということです。

これはシスジェンダーだけでなくトランスジェンダーにも当てはまることで、「自分が考える“あるべき姿” と違う描き方はおかしい」「自分たちの全体像が描かれていない」などと批判するのはちょっと違う気がします。
あくまでも映画の主人公は一つのモデルとして存在するものであって全てのトランスジェンダーを代表しているわけではない。だいたい誰一人として同じ人間なんていないのですから。

f:id:madamkakikaki:20200911085109j:image

 

冒頭で書いたことに戻りますが、トランスジェンダーの映画はトランスジェンダーが演じなければ意味がないという決めつけはどうかと思いますし、ララをあまりにも外見に固執しすぎる人物として描くのは偏見であるというトンチキな批評にはいっぺん頭冷やしてこいと言いたいくらいです。

あくまでも一人の人間の生き方として捉え、こうした生きづらさを抱える人にはどんな対応がいいのか、また彼らの意思を尊重するためにわたしたちが出来ることは何かを考えてみる。その一助として本作のような映画を観るのはたいへん有意義なことではないかなあとわたしは思うのですよね。

それにしてもナニをナニするシーンは直接描写がないとは言え痛かったですねえ。ナニを持たないわたしでも思わず股間を押さえて「フングッヌゥゥゥ!」って前のめりになったもんね(´Д`;)

ちなみにルーカス・ドン監督が俳優と見まごうほどのイケメンで驚いたというのは余談です。