ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ダウト〜あるカトリック学校で〜

f:id:madamkakikaki:20200822140833j:image

ダウト〜あるカトリック学校で〜 (2008) Doubt


1960年代のアメリカ。カトリック学校の校長(メリル・ストリープ)は、神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が男子生徒にいかがわしい行為をしているのではないかと疑いを持ち、執拗に神父を尋問しようとします。
事の発端は、新米シスター(エイミー・アダムス)があることを目撃し、それを校長に報告したことでした。

本作の大半が、この3人の会話だけで(だけ、ということでもないが)お話が進んでいきます。あ、後半で出てくるヴィオラ・デイヴィスのびっくり発言なんかもありますね。
元々が舞台劇のための戯曲ということもあり、練り込まれた脚本と磨き抜かれた台詞が見事です。そして役者たちの名演技、これはもう言わずもがなですね。やっぱりエイミー・アダムスは超かわいい。

神父はずーっと疑われていますが、証拠はない。子供たちにも慕われていて、神父を悪く言う人も校長以外にはいない。
じゃあなぜ校長は疑うのか。神父も事実無根ならばなぜ反撃に出ないのか。ちょっと、はっきりしてよ、と見ている側は悶々とするわけですが、実はこの映画は「犯人探し」とか「白黒はっきりさせる」話ではございません。
どんな役もこなせる顔(ですよね)のフィリップ・シーモア・ホフマンなので、もしかして変態なのかも、いや実は超いい人なのかも、なんて思ったりしますが、最後までわからないままです。

まるで「善(正義)と悪」を単純に二分化していいのか?という問いかけのようにも思えるこの作品。
誰も死なないし、ハラハラドキドキのサスペンスでもありませんが、心理戦のような会話と役者の名演技が生み出す深い人間ドラマであると言えましょう。
まさに大人の映画です。いやー実に深い。


 

ダウト ~あるカトリック学校で~ [Blu-ray]

ダウト ~あるカトリック学校で~ [Blu-ray]

  • 発売日: 2009/08/19
  • メディア: Blu-ray