ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

毒戦 BELIEVER

f:id:madamkakikaki:20200822162324j:image

毒戦 BELIEVER (2018年 韓国) 독전


姿なき麻薬王を追い続ける麻薬取締官と組織に捨てられた犬(青年)がタッグを組んだ決死の潜入劇。
文字通り犬ちゃんも頑張ります。みんな狂ってみんないい。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

本国での観客動員数があの名作『新しき世界』を超えたと評判の本作、潜入捜査や容赦なきバイオレンスという点では似ていますが根本的に違います。
どちらもたいへん面白いんですが どっちが好きかと問われればわたしは断然『新しき世界』ですね。ファン・ジョンミンとイ・ジョンジェの血みどろブラザー劇場は何度観ても手足が震える、いや心が震える。たまらんです。


で、違う映画の話は置いといて『毒戦』です。
まずキャストがいいですね。役柄にもバッチリはまっています。主要な登場人物みんな背が高くて見栄えするのもいい。
これから観る予定の人もおられるでしょうからネタバレしないように書きますと、姿なき麻薬王「イ先生」は誰なのかという推理よりも、顔も知らなければ会ったこともないイ先生の一言一言に振り回され疑心暗鬼になり なんかもうヤケクソ気味の登場人物たちが思わぬところで思わぬ目に遭って「うわぁひでえ!」となるのが非常に面白かったです。

ストーリー的にリアルかと言うとそうでもなく、いくらキチガイ揃いでもそりゃねぇだろと思うところもあります。でも本作はそこがいいんですよね。
ちょっと漫画チックというかケレン味というか、そういう味付けが娯楽活劇の面白さをより引き立てています。このへんの塩梅がね、現代劇にしろ時代劇にしろ韓国映画は本当に上手いんです。

聞けば本作は香港映画『ドラッグ・ウォー』のリメイクとのことで、そちらも近々観てみようかなあと思っております。
ストーリー展開はどんな違いがあるのか知りませんが、聾唖の兄弟が出てくるのは一緒みたいですね。そういやあの兄弟の強烈すぎるガンマンっぷりはさいこうでしたね。そうそうたるベテラン役者たちに引けを取らないくらいの存在感でした。

というわけで、狂った世界を思う存分堪能したあとは ノルウェーの雪原で撮影したという美しいラストシーンで「愛しさとせつなさと心強さと」を思わず歌いたくなるほどの何とも言えない余韻に浸ってしまうこと間違いなしです、知らんけど。いやオレは歌ったね。

そして最後に。キム・ジュヒョクさん、やっぱりあんた最高だよ! だいすきだ!!