ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

拷問男

f:id:madamkakikaki:20200822163410j:image

拷問男 (2012年 オーストラリア) Daddy’s Little Girl


インパクトありすぎな邦題にただならぬ期待をしながら、でもどうせ拷問するのが大好きな殺人鬼の話じゃねえの、なんて思いつつ観ましたらなんのなんの、娘を殺された父親のやり場のない怒りと悲しみ、葛藤が怒涛のように押し寄せる、非常に胸の痛いお話でありました。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

主人公のデレクは、6歳になる一人娘のジョージアを溺愛しています。離婚しているので別々に暮らしていますが、ジョージアもパパのことが大好きです。このジョージアちゃんがねえ、また賢いし可愛いんですわ。
映画の前半はこの父娘の愛情あふれる関わりにかなり時間を取ってあるので、同じ親としてデレクパパにどっぷり感情移入してしまいます。なので、その後のデレクパパの心情や行動が痛いほどわかるし、うん、これはもう仕方ないよなと思ってしまいます。

「犯人がわかって証拠品もあるのなら警察に突き出せばいいじゃない」「復讐のために拷問するなんて結局犯罪じゃないか」と非難する人もいるでしょう。
確かにその意見は間違ってない。でもそんなことが言えるのは当事者ではないからです。自分には関係ないし自分の家族にそんなことは起きないと思っているから何とでも言えるんですよね。

毎日のように報道される子供への虐待や性的暴力、快楽殺人などの事件。人間として許せないような事件にあった被害者や家族は、きっとはらわたが煮えくり返る思いをしているはずです。
法律がどうのこうのではない、出来るならこの手で犯人に同じ苦しみを味わわせてやりたい、それが本音だと思います。
わたしだってデレクと同じ立場だったらたぶん、いやきっと同じことをするはず。そのために自分が刑務所に入ろうと、もしくは犯人側の家族に恨まれて逆に復讐されようと、です。


「ほら、やっぱり復讐は復讐しか生まないんだよ」という声が聞こえてきそうですが、その通りです。それくらい大きな罪をもともと犯しているんです。そこがわかってないとこの映画からのメッセージを受け取ることは難しいでしょう。
少なくとも「サイコパスの兄貴もサイコパスだなあ」なんて単純に思う人がいないことを願います。


拷問のシーンはけっこうゴア度高めです。デレクパパが仕事のスキルを生かして作った拷問道具はSAWを彷彿とさせます。ありゃきっとジグソウおじさんの技術班にスカウトされるね。喉に開けた穴に管を刺してスコースコーってなってるのはストラム捜査官に薫陶を受けたのかな。
一番衝撃的だったのはやっぱりおケツパイプ&有刺鉄線ですかね。腸の中は傷だらけのローラ、痛いとかそんなもんじゃない。しかし被害者のことを思えば「ケツにはケツを」で正解です。


でもね、いくら復讐でも実際にこんなことはできません。やってはいけません。そのために法律があり裁判制度があります。

ところがどうですか、現行法において罪に見合った適正な裁きがきちんとなされているでしょうか。人権という名の詭弁により泣き寝入りする被害者がたくさんいることをわたしたちは忘れてはならないと思いますよ。

わたしは快楽殺人者や性犯罪者に関しては人権もへったくりもないと思っておりますのでね、くどいようですが前にもレビューで書いたとおり「目には目を、歯には歯を、ケツにはケツを」ついでにアレも含めて再起不能になればいいよ!!と声を大にして言いたいですね。

デレクパパに同情しかない状態で映画を観終わり、あらためて『拷問男』という邦題のひどさを感じましたけれど、まあインパクトとしては悪くない、タイトル負けしない拷問描写だったかなあと思います。
惜しむらくは、あの元奥さんがなあ・・・ あの責任感の無さがなあ・・・ 窓くらい直しとけよ!!



 

拷問男 [DVD]

拷問男 [DVD]

  • 発売日: 2019/05/08
  • メディア: DVD