ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

存在のない子供たち / それでも、ぼくは生きてゆく

f:id:madamkakikaki:20200822120119j:image

存在のない子供たち(2018年 レバノン) کفرناحوم / 監督:ナディーン・ラバキー


映画はベイルートのスラム街で暮らす少年ゼインが「自分を産んだ罪」で両親を訴える裁判シーンから始まる。
両親が出生届を出さなかったために自分の年齢を知らず、学校にも行けず、路上で物売りをしたり幼い兄弟の面倒を見たりと毎日働き詰めのゼイン。ある日彼は、妹サハルが初潮を迎えたタイミングで親子ほど年の離れた男と結婚させられたことに怒りを爆発させ、着の身着のままで家を飛び出してしまう。┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

タイトルそしてレバノン映画と聞くだけで「これは心して観らねば」と身構えてしまいそうな『存在のない子供たち』
原題のکفرناحوم (← 読めねぇw) は、カペナウムという聖書に出て来るイスラエルの町のことらしい。もうちよっと踏み込んで言うと “神に見捨てられた土地” というような意味合いのようですね。

 

 

f:id:madamkakikaki:20200731000112j:image

推定12歳にしては小さく痩せた少年の置かれた過酷な状況、一難去るどころか幾重にも積み重なる災難・・・もう不幸のつるべ打ちで見てて辛いんだけども、実は子供というのは大人が思っているほどヤワでもなく知恵がないわけでもない。
ある事情で面倒を見るはめになったエチオピア難民の赤ちゃんの世話をしながら、ゼインがどうにかして生きよう生き延びようと奮闘する姿には頼もしさすら感じます。


ここで冒頭の裁判シーンについてもう少し書いておきたいのだけれど、ゼインは“まともに育てられないのに自分を産んだ罪” で両親を訴えました。
確かにこの両親の言動は見ていて不快だし、食うに困るような状況でポンポン子供作ってんじゃないよと言いたくもなるけれど、だからといって両親だけが責められるべき問題ではないとわたしは思いますね。

 

f:id:madamkakikaki:20200731000021j:image

彼らは内戦を逃れてレバノンにやってきたシリア難民です。
ID(身分証明書)もないから仕事に就くことができず 、食べていくためには家族総出で物売りやら内職やらをするしかないので人手がいる。人手がいるので子供を産んだら、逆にお金もかかるし手もかかる。


結局そういう矛盾が貧困の連鎖を生み、 「産まれてこなければ僕はこんな辛い思いをすることもなかった」と子供に言わせてしまう悲しい世の中になってしまうのですよね。


一番悪いのは内戦です。戦争です。それを行う国家と国の指導者です。


ちなみにこのゼイン君、本名もゼインで本物のシリア難民なんだけども 実は本作には職業役者がほとんどいません。
(弁護士役だけ監督自ら出演しています。美人だなぁー。)


お話自体はフィクションでも 実際に本作で描かれているような生活をしている素人たちを起用したことで、まるでドキュメンタリーのようなリアルさと中東問題の深刻さが胸に突き刺さる作品に仕上がっていて あらためてナディーン・ラバキー監督の力量を感じます。

一人の子供の生きざまにここまで惹きつけられる映画もそうそうないんじゃないですかね。ラストで見せた子供らしい笑顔が 今も脳裏に焼きついています。