ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ブロークバック・マウンテン

f:id:madamkakikaki:20200822132625j:image

ブロークバック・マウンテン (2005) Brokeback Mountain


この映画、元々はガス・ヴァン・サント監督が任されていたのだけれど、打診した俳優にことごとく断られたためアン・リー監督がメガホンを引き継いだとのこと。
結果として、アカデミー賞で作品賞こそ逃したものの監督賞を受賞しています。


当時 脇役俳優でしかなかったヒース・レジャーの卓越した演技力が高く評価され、その後の活躍の大きなきっかけとなった作品ですが、時を経ずして夭折したことは本当に残念でなりません。

f:id:madamkakikaki:20200901220412j:image


同性愛者だとバレたらホモファビアに殺される─ そんな環境で 互いに惹かれ合いながらも、妻子を持ち 表向きの生活を送るしかない。
そんなジレンマに苦しむ2人の主人公を、ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが20代から40代まで実に繊細に演じています。それなりにラブシーンがあるけれど、わりとすんなり見れるというかいやらしくないのは 2人が身体ではなく心で演じているからだろうと思いますね。


ジェイク・ギレンホールが思い描く理想に対し、応えたいけれど現実を生きるしかなかったヒース・レジャー。
別れは突然訪れたけれど、2人の愛と青春はあのブロークバック・マウンテンにいつまでもあり続けるんだろうなあ~。

 

f:id:madamkakikaki:20200901220437j:image

 

奥さんの立場からすれば、旦那を男に(!)取られたのだからたまったもんではないが そこはぐっとこらえて観ていただきたい。
これはもう 普遍的な愛と犠牲の物語であると言っていいのではないかとわたしは思います。


 

ブロークバック・マウンテン [Blu-ray]

ブロークバック・マウンテン [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: Blu-ray