ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

オレの獲物はビンラディン

f:id:madamkakikaki:20200822165632j:image

オレの獲物はビンラディン (2016) Army of One

【 アメリカを守るのは、このオレだ。】


仕事を選ばないニコラス・ケイジが「ビンラディンを捕らえよとの神の啓示を受け単身パキスタンに乗り込んだキテレツおじさん」を演じたコメディ映画であります。ノリノリのニコラス・ケイジが最高におもしろい。

本作の監督は「ボラット」「ディクテーター身元不明でニューヨーク」でブラックすぎる笑いで嫌悪感をまき散らしたラリー・チャールズです。(ベタ褒め)

また毒々しいおふざけが過ぎる作品かと思っていたら、意外にこれが素敵な出来栄えでびっくりしましたよ。


で、主人公のキテレツおじさんは人工透析中に(?!) 神の啓示を受け、ビンラディンを探しにパキスタンへ行きます。途中いろいろ大変なことがありますがとにかく行きます(そんな体でよう行ったな)。


このパキスタン滞在中のお話がとても面白くて、どこまで脚色なのかわかりませんけれど、ご本人の日記をもとにしてありますのでたぶん本当なんだろうと思います。神様が出てくるシーンはさすがに妄想か何かでしょうけども。
「とりあえず何もない日はとばすわ」って感じで断片的にちゃっちゃっと見せていくカット割りはマンガを読んでるようでいいですね、テンポがいいです。途中の話?んなもん知らんがな。

この映画がいいのは、主人公を単なるお騒がせおじさんのようにデフォルメするのではなく「愛のある人物」として、ある意味尊敬の念を持って描ききっていることです。
高校の同級生である女性と出会って、彼女とその娘と仲良くなっていくお話なんかは、愛があふれていてとっても素敵です。親友たちとの関わりもそうです。こういうお話を挟み込むことで映画全体に優しさが加わりますね。

度が過ぎるほどの愛国心とナショナリズムの塊。かなりめんどくさいおしゃべりおじさんだけど、裏表がなくて世話好きで人懐っこい。こんな人が友達に一人いたらきっと楽しいだろうなあ(毎日会うのは困るけど)。そんな魅力的な人物像を、ニコラス・ケイジが見事に演じています。
エンドクレジットでご本人の映像が出てきますが、まさにそのまんまの人でした。その後のびっくりエピソードも流れますので、エンドクレジットは最後までご覧下さいね。
しかし世の中には想像を超えてぶっ飛んだ人がいるもんですね。や、面白かった。いい映画です。

 

オレの獲物はビンラディン [DVD]

オレの獲物はビンラディン [DVD]

  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: DVD