ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

殺人の追憶

f:id:madamkakikaki:20200822133126j:image

殺人の追憶 (2003) 살인의 추억

【 時代の狭間で刑事が見たものは。】

韓国三大未解決事件の一つ、1980年代後半に起きた「華城連続殺人事件」をモチーフにしたクライムサスペンス。韓国映画好きの鉄板でありますね。若くて可愛いつるんとしたパク・ヘイルの熱演も見どころです。

農村地帯の用水路で女性の惨殺死体が発見されたのを皮切りに連続猟奇殺人が起こり、地元の熱血刑事(ソン・ガンホ)とソウルから来た若手刑事(キム・サンギョン)が事件の真相を追います。
「雨の日に、赤い服を来た女性が殺される」という共通点に気付いた二人が容疑者と思われる人物を追いつめるも、決定的な証拠はつかめず事件は迷宮入りしてしまいます。

当時の政府は反政府運動の鎮圧に忙しく、警察も捜査や治安は二の次でありました。また、韓国の1980年代といえばいわゆる高度成長期であり、世相や価値観といったものが大きく転換する「時代の狭間」でもあったわけですね。
そんな中で、都会から離れた山深い農村で起きた連続猟奇殺人事件。

「こんな事件ソウルでもあるのか」と尋ねるソン・ガンホにキム・サンギョンが「いや、ない」と答えるシーンは、時代の変化に置いてけぼりにされた田舎の状況をよく表しているなあと思います。


時は流れ、刑事を辞めて商売人になったソン・ガンホが、当時のまま残っている畑と用水路を見ています。ある少女が「この前もこの用水路をのぞき込むおじさんがいた」と言います。このラストシーンは本当にぞっとしますね。
時代の狭間に置き去られ、いまだ解決をみないこの事件。10人もの被害者たちが浮かばれる日は来るのでしょうか。 数あるクライムサスペンスの中でも、これはかなりガツンとくる作品。まさに鬼才ポン・ジュノ監督渾身の、歴史に残る傑作であります。

 

追記:チョン・ミソンさんの訃報に驚いております。ご冥福をお祈りします。

 

 

殺人の追憶 [Blu-ray]

殺人の追憶 [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/06/27
  • メディア: Blu-ray