ガツンとくるやつ、ください。

新作・旧作・ジャンル問わず。海外映画が好き。作品により多少のネタバレ含みます。

ちびっこ

恐竜が教えてくれたこと / 僕がちょっぴり大人に近づいた夏休み

サマーバカンスで家族とともにオランダ北部の島にやってきた11歳のサムは、地元で暮らす少女テスと出会う。 快活だが予測不可能な言動をするテスに振り回されながらも、サムは彼女の「秘密の計画」に協力することになる。それは、12年前に生き別れた父親を島…

ボーダレス ぼくの船の国境線 / 半分寓話と思って観ないと辛すぎる・・・

緊迫するイランとイラクの国境地帯。少年は川に放置された廃船を隠れ家にし、魚を釣ったり貝殻でアクセサリーを作ってはお金に換えながら一人で暮らしている。 ある日、国境の反対側から同い年くらいの少年兵が船に闖入し、こっちは自分の陣地とばかりにロー…

父、帰る / 息子よ、俺の屍を越えて行け

アンドレイとイワンの兄弟は母と祖母との4人暮らし。慎ましくも平穏なその家に、12年前に出て行ったきり音信不通だった父が突然帰ってきた。昔の写真でしか顔を知らない父はこれまでのことを何も語らず、母もまた事情を説明しようとはしない。 翌朝、父は戸…

ミルコのひかり / 探せばひかりは、きっとある

イタリア映画界で活躍するサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づく物語。 映画を愛する10歳の少年ミルコは、銃の暴発事故で両目の視力を失う。 1970年代のイタリアでは、視力に障害のある子供は普通校での教育は受けられないと法律…

悪童日記 / 児童文学だと思って観たら大変なことになるよ!

悪童日記 / A nagy füzet 第二次世界大戦末期の〈どこかの〉国。〈どこかの〉町から〈どこかの〉村に疎開してきた双子の少年のお話。 彼らはノートに日記を書きます。見たものを見たままに、ありのままに書き留める。それは彼らの成長の証であり、戦時下の混…

縞模様のパジャマの少年 / その代償はあまりにも大きく

縞模様のパジャマの少年 (2008年 イギリス・アメリカ) The Boy in the Striped Pyjamas / 監督:マーク・ハーマン 8歳の少年ブルーノは、軍人である父の昇進に伴いベルリンから見知らぬ田舎に越してきたが 遊び相手もおらず退屈な日々。 家を抜け出し探検し…

ジョジョ・ラビット / バイバイ、アドルフ

ジョジョ・ラビット (2019年 アメリカ) Jojo Rabbit / 監督:タイカ・ワイティティ 僕はジョジョ、10歳。青少年集団ヒトラーユーゲントの訓練生だ。目標は立派な兵士になってナチス親衛隊に入ること。ママにも秘密なんだけど、実は僕とアドルフ・ヒトラーは…

存在のない子供たち / それでも、ぼくは生きてゆく

存在のない子供たち(2018年 レバノン) کفرناحوم / 監督:ナディーン・ラバキー映画はベイルートのスラム街で暮らす少年ゼインが「自分を産んだ罪」で両親を訴える裁判シーンから始まる。両親が出生届を出さなかったために自分の年齢を知らず、学校にも行けず…

バジュランギおじさんと、小さな迷子 / あなたのおうちはどこですか

バジュランギおじさんと、小さな迷子 (2015年 インド) Bajrangi Bhaijaanインドで迷子になったパキスタン人少女の面倒を見るはめになった男が、どうにかしてその子を親元に送り届けようと奮闘するハートフルコメディドラマ。民族問題やジャーナリズムを効果…

やがて来たる者へ

やがて来たる者へ (2009年 イタリア) L'uomo che verrà第二次世界大戦末期に起こったドイツ兵によるイタリア人の大虐殺 “マルザボットの虐殺” 事件を一人の少女の眼差しでとらえた壮絶でサディスティックな映画です。あ、サディスティックと言っても変な意味…

ザ・マミー

ザ・マミー (2017年 メキシコ) VUELVEN / TIGERS ARE NOT AFRAID ストリートチルドレンの生き様。えーと、とりあえず日本版ポスターのね、「ママが殺しにくる」なんて的外れどころか大嘘の、お前ほんとに映画観たんか?と小一時間問い正したくなるようなキャ…

ブラック・ブレッド

ブラック・ブレッド(2010年 スペイン・フランス) PA NEGRE / BLACK BREAD森の中を行く一台の馬車が謎の男に襲われ、馬車の男が石で頭を叩き潰され死亡する。謎の男は幌の中に死体を放り込み、馬車ごと崖下に落としてしまう。幌の中に子供が隠れていたとも知…

MAMA

MAMA (2013年 スペイン・カナダ) Mama行方不明から5年後、森の中で見つかった幼い姉妹はまるで野生児のようだった。2人は一体誰に育てられていたのか。2人が口にする「ママ」とは何者なのか。アルゼンチンの新人アンディ・ムスキエティ監督の短編がギレルモ…

白いリボン

白いリボン (2009) Das weiße Band / The White Ribbon封建的な集落で、人命にかかわる不可解な事件が連続して起こる。大人、子供を含め誰もが疑わしいが誰もが疑わしくないという矛盾。一見平和で平凡な社会の中に潜む集団心理の恐ろしさを、美しいモノクロ…

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008) Let the Right One In【⠀隣りのあの子は吸血鬼。】本作の監督は「裏切りのサーカス」のトーマス・アルフレッドソン。スウェーデンの小説『MORSE -モールス-』が元になっていて、原題は「正しき者を招き入れよ」という意味。 …